<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さんちゃん、こっちむいてよ。

月2回さんちゃんのお家に行きます。とっても楽しみ。
c0086176_15583862.jpg
c0086176_15585420.jpg

いいの着てるね。 かっこいいよ!!
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-29 15:55 | Comments(0)

大阪造幣局 桜の通りぬけ

c0086176_1414163.jpg
恒例の大阪造幣局の桜の通りぬけが、今年も開催されました。(4月16日~22日)
 
今や全国区となった桜の名所です。今年はソメイヨシノが通常より早く開花し、早々と散ってしまった後、おそ咲きの八重桜が見事な美形をみせました。(130種類)
 
今年のメインの木は「天の川」です。旧淀川沿いに展開される並木通りは大変な人出でした。(62万人余)
c0086176_14264346.jpg
c0086176_14273335.jpg
飲食店、物販店も数多く出店し、にぎやかでした。 大阪造幣局も、現地でしか入手できないコインセットを販売してしっかりPR。
 大勢の見物客の中で、あせらず上を見て春を楽しみました。
c0086176_14324497.jpg


 
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-27 14:07 | Comments(0)

富士山に会いに・・・その6

c0086176_1255480.jpg
このまま部屋に帰るのは心残り。そんな気がしたのは私だけではありません。お姉さんも同じ気持ち。もう一度始めに通ったあの場所まで行ってみない? 
  ・・・ということで日も傾きかけていたのですが、ここまでやってきました。 もう
散歩にきていたワンコたちも、遊びに来ていた人たちも帰って行ってしまったようです。 
 しばらくふたりで草の上に座って・・・。
c0086176_1254971.jpg

宿に帰ってから、バスで知り合った人たちの5階のお部屋におじゃましました。
あっ、逆さ富士の絶景が見えました。 
ほんとに短い時間でしたがしばらく会話がはずみます。
みんな兄弟姉妹と聞いてびっくりです。総勢6人。 
みなさんとっても仲のいい熟年グループ。
普段は別々のところで暮らしていて、毎年2回集まって旅行しているそうです。
仲がいい人たちを見るのはいいですね。
とっても暖かいひとときでした。

夕食、お風呂。お土産を売店で買って。  富士宮の夜が過ぎていきます。
お姉さん、売店のお土産を買い占めてはいけませんよ!

・・・・・ とうとう旅も終わってしまいましたね。
明朝9時のバスに乗り遅れないように。新幹線までうまく乗り継げますように・・・・。

ハイ。・・・というわけで無事帰ってまいりました。            THE END.



 
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-19 12:04 | Comments(0)

富士山に会いに・・・その5  一期一会

c0086176_9352185.jpg

さてさて、お名残惜しい羊さんたちとお別れして・・・花鳥園から帰ってきたパスで宿の休暇村まで。
昼食後は田貫湖一周しましょう。約1時間コースということですが、私たちの足では、まぁ1時間半から2時間といったところかな。
 さて、ぼちぼち行きますか。お天気もいいしぶ厚い上着もいらないよね。
c0086176_8123881.jpg
c0086176_8121762.jpg
富士山が目の前にあるここに、自分たちがいる現実がまだ信じられない。自然がいっぱい。のんびりワンコと散歩してる人、写生をしている人、月曜日というのもあって観光客はそれほど多くなく絶景を満喫。
 ゆるりゆるり、富士山が見えたと思ったらその先に行くと見えなくなって・・・。湖の遊歩道には春の草花。お姉さんととりとめもない話をする。時折すれ違う人に「こんにちわ。」とあいさつすれば「こんにちわ。」とかえってくるとなんだか心が暖かい。 
 そうそう、朝の送迎バスで同じ宿の人たちとも約束しました。私たちは3階だったのですが、その人たちは5階の部屋で富士がよく見えるからぜったいみにおいでとさそってもらいました。
 偶然に、人生のひとときで同じ場所で出会えた人たち。電車で隣に座った人、同じ美術館にやってきた人、毎日たくさんの人たちにであいますが、友だちのように親近感が持てるのも旅の楽しさですよね。
c0086176_847397.jpg
c0086176_848234.jpg

 ちょっと足を止めて、もう40年もここで釣りに来ているというおじさんたちとおしゃべりです。「あんたたちは本当に幸運だよ、雲ひとつない、こんなに頂上まではっきりみえる富士はめったにないんだよ!」地元の出会う人たちがみんな異口同音。 
 ほんとにそうなんだ!!  よかったね。よかったね、お姉さん。そのたびに大満足の私たちです。 
釣りをしていた人たちとも、ず~っと知り合いだったように会話がはずみます。
 ああ、いいなぁ~、このひととき。  さぁ、お名残り惜しいけどまたさよならです。 「またね。」と言えないのがちょっと淋しい瞬間です。
c0086176_912139.jpg
あっ、ここちょっと面白いね。写真撮っておこうっと。
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-16 09:33 | Comments(0)

富士山に会いに・・・その4 

c0086176_9181437.jpg

また馬飼(まかい)の牧場におくってくださったKさんとはお別れです。お名残惜しい瞬間です。また会えるといいな。また会いたいなぁ。
c0086176_92701.jpgc0086176_9273241.jpg
c0086176_9282837.jpg
お姉さん、ナイスポーズ!   キマッてるよ!! 
c0086176_9293176.jpg
c0086176_9295865.jpg

この牧場今日買ったチケットで何度でも入れるようです。5月まで行けますよって。
Kさんもお孫さんと毎日来られてるそうです。なんて太っ腹な経営者でしょうね。
お~い、六甲山牧場さんもそうしてくれませんかぁ~?
 かくいう私めは大の牧場好きなのです。その牧場と富士山のコラボレーション。 
Great!! Amazing!! Wonderful!! Fantastic!!
 どんな感激の言葉が思いつくかな?
日本語ではなんて言ったらいいんだろう・・・・・・??  
 まぁ、みなさん。「百聞は一見にしかず。」・・・です。
ぜひ、ぜひ行ってみてくださいね。 私も何度でも行って、一日中でも、いいえ、何日でも眺めていたい光景です。あ~あ、富士宮の人がうらやましいなぁ~。
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-15 09:16 | Comments(0)

富士山に会いに・・・その3 千載一遇 

AM6:30から ホテルのスタッフと「ふれあいウオーキング」。ちょっと冷たい朝のすがすがしい空気の中のお散歩タイムです。30分くらいで帰ってきて朝食です。
c0086176_16462333.jpg
 
 さてっと、今日の予定は決まりましたよ。「花鳥園」にするか「まかいの牧場」にするか、迷った末にやっぱり羊さんと富士でしょうということに。ホテルの送迎バスで私たち二人は途中下車。ほかの人たちは花鳥園へ。帰りのバスは12時15分にまた迎えに来てくれることになっています。 
 さあ、2時間くらいなので急いで中へ・・・。そこで出会ったのです。可愛いお孫さんを連れてやってこられたKさんに。 富士山の話を何気なくしているうちに、車できているので、今満開の桜をみせてあげたいと連れて行ってくださったのです。 
 えっ?見ず知らずの私たちを?わざわざ?
にわかに信じられない提案でしたが、それは昨夜スライドで見た名所だったのでお言葉に甘えてしまいました。
c0086176_1521152.jpgc0086176_15231183.jpgc0086176_15291245.jpg
c0086176_15411244.jpg
c0086176_15415412.jpg

富士山。桜。菜の花。こんな完璧な構図。 夢の中?
c0086176_22173623.jpg
c0086176_2218844.jpg
c0086176_22182375.jpg

 こちらも昨夜スライドで見たつつじです。 こんなところは車でないと絶対みられなかったのです。よかったね、お姉さん。こんな幸運あっていいの? 「花鳥園」を選んでいたら?ほんの1分でも時間差があったら?きっとKさんと出会えなかったかも。
 ほんとにほんとにありがとうございました。Kさんの暖かいやさしさに感動です。
忘れられない旅の思い出ができました。
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-14 14:31 | Comments(0)

富士山に会いに・・・その2  

c0086176_16391222.jpg

1日目のその後。 部屋に入ると窓いっぱいに富士のお山。絵じゃないよ!なま富士だよ!すごいすごい!!
ひとしきり騒いでから温泉、温泉。お風呂場からだって富士山は見えるよ。
富士宮駅に着いたときは雲がいっぱいでどっちに富士様がいらっしゃるかわかりませんでした。観光協会の人に聞いたら私たちの泊まる宿からはどの部屋からでも見えるよと教えてくれました。
ほんと、そのとおり。夕食を済ませて7時半からスライド上映会。さて、明日はどこへ行こうか。お姉さんと作戦会議をしなければ・・・。
c0086176_728355.jpg

ガサガサ・・・音がして目が覚めるとお姉さんが起きて窓の外を眺めていました。ウ~ン眠たいなぁ~。まだ4時だよ、お姉さん。  しかし、しかし、この美しい光景はなんなんだぁ~。富士のシルエットに三日月。あわててシャッターをきったものの真っ暗で何も映っていないではありませんか。もうちょっと明るくなってから・・・なぁんて言いながら午前5時。それにしても眠たいなぁ~。   
どうです?いい写真が撮れてますか?被写体がいいからどんなふうにとっても絵になるようです。 
そうこうしているうちに夜明けの時間がやってきました。AM6:07。 ドキドキ。
c0086176_7463155.jpg

で、でたぁ~。
お日様、おはようございま~す。さて今日はどんな一日が待っているのでしょう。
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-13 07:15 | Comments(0)

お姉さんと一緒に富士山に会いに・・・の旅 その1

天地の   分かれし時ゆ                                             
神さびて  高く尊き
駿河なる  富士の高嶺を
天の原   振りさけ見れば
渡る日の  影も隠らひ
照る月の  光も見えず
白雲も   い行きはばかり
時じくそ   雪は降りける 
語り継ぎ  言ひ継ぎ行かむ  富士の高嶺は      

田子の浦ゆうち出でて見れば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける  山部赤人 
c0086176_15492576.jpg
c0086176_1549537.jpg

万葉集の歌人赤人様が「富士山を祭る歌」として詠んでいます。
新幹線の車窓から瞬間見えた富士の山。修学旅行でバスで上がった5合目の富士の山。東京からはるか遠くに見えた小さな小さな富士の山。今まで確かにこの目で見たけれど、真近に見たこの山は実にすごいです。
う~ん、形容する言葉がみつかりません。・・・ということでこの歌を借りた次第です。
c0086176_16352791.jpg

お宿に着く前にバスの車窓からパチリ!お姉さんナイスショットだよ!!
一度しっかり近くから見たいという私たちの長年の夢がかないました。出発前日は日本列島大荒れの天気で、強風、大雨、飛行機や列車が動かなくなるというハプニング。どうなることかと心配しましたが、出発当日はだんだんといい兆し。誰かさんの日頃の行いが良かったせい?・・・ということにしておきましょうね。
お姉さんは豊岡から7時41分発(きのさき8号)で京都へ。私は尼崎市武庫之荘から7時42分発のバス、JR立花経由で京都へ。さて、そこ京都から静岡まで新幹線。静岡から富士(JR東海道線)富士から富士宮(身延線)そしてバスで45分やっと目的地、「休暇村富士」へと無事に到着したのは3時55分でした。
c0086176_1622572.jpg

さてさてここから私たち姉妹の楽しい楽しい旅物語が始まりますよ。
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-11 15:34 | Comments(2)

お花見lunch

桜が散ってしまうよぉ~・・、明日は嵐だって!! あの美しい景色しっかり味わっておきましょう。
・・・ということでまたまた行ってきました。 なにしろ歩いて10分くらいで行けるんだから。つき君がいたときはこの季節は朝と午後と一日に2度も桜の下を歩いたのにね。つき君も名古屋の桜見てるかなぁ。
c0086176_17502022.jpg

c0086176_1752851.jpg

わんこも来ていましたよ。ごちそう君たちももらえるかな?
c0086176_17533443.jpg

おや?君もやってきたんだね。今日はにぎやかだろ、みんな行ってしまう春を惜しんでるんだよ。
c0086176_175613.jpg
c0086176_17562860.jpg
c0086176_17581636.jpg

[PR]
by pekopokotan | 2013-04-05 17:43 | Comments(0)

花見シーズンまっさかり。

c0086176_9574464.jpg
ちょうちんも飾られたし、出店も並んだし・・・さぁみなさん寄ってらっしゃい見てらっしゃい。
今年の花はもう見納めになりそうだよ。・・・・・でも、わたくし思うのですが、満開になって風がひゅ~って吹いたときにハラハラっと落ちるときや、足元いっぱいに花びらがおちていて、もう、そこらじゅうがやさしいピンクに染まっているときが最高だとは思いませんか? 
もうすぐそんな景色が見られそうですよ。
[PR]
by pekopokotan | 2013-04-03 09:56 | Comments(0)