<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日のわんこ

大雨の後、武庫川河川敷を歩いた時、こんな足跡発見!!
c0086176_16571399.jpg
どんなわんこがどんな飼い主さんと散歩したのかな? ちょっと大きなわんこだろうな。
c0086176_16582636.jpg
いつも吠えられるわんこですが、今日はただじぃ~っと見ているだけ。おいおい今日は元気ないねぇ。寝起きかな?
c0086176_1714133.jpg
こちらはココちゃんで~す。
同じ柴ちゃんでもキャラが違って実に面白い!!
月君がいなくなって、よそのわんこ巡りのお散歩タイムです。
[PR]
by pekopokotan | 2013-08-31 16:54 | Comments(3)

お隣のさんちゃん完全復帰!!

エリザベスカラーはずれたぞ!!
ギブスもとれたぞ!!    イェ~イ!!
c0086176_16243820.jpg
長かったなぁ。 僕はこの日を待っていたのだ。
お風呂に入ってもうピカピカ。
男前にさらに磨きがかかりましたよ。
[PR]
by pekopokotan | 2013-08-24 16:25 | Comments(2)

森浩一  名誉教授の逝去を悼む

同志社大学  名誉教授  森浩一氏がなくなりました。日本の考古学界、古代史学会をリードしてきた氏の逝去は、我々古代史ファンにとりましても本当に残念です。

権威主義、伝統重視の中で、あくまで実証主義、現場主義の氏の研究方針は日本の研究方法に変更をせまるものでした。「出土品は遺跡の中の置かれた状態で実態を判断する」という氏の言葉のなかにその哲学が見てとれます。

天皇陵についても、宮内庁の陵墓指定を批判し、陵墓の研究解放を訴え 特定の天皇名の指定を科学的な
資料から批判し、古墳ある場所から古墳名をつけることを提案しました。「仁徳天皇陵も今日では、大山古墳と呼ばれるようになりましたが、氏の提案でした。

数々の書物、論文が宝物としてのこりました。我々市井の一ファンですが、彼の研究態度、方針を今後も参考にして古代史に取り組みたいと考えています。      
森教授よ 安らかに
c0086176_15535437.jpg

[PR]
by pekopokotan | 2013-08-17 10:23 | Comments(3)

踊らにゃそんそん~♪ ♪ ♪~

盆踊りが始まりましたよ。
c0086176_2042696.jpg

栄公園にいっぱい人が集まってきました。
c0086176_20422081.jpg
ここの踊りは「炭坑節」に「ドラエモン音頭」や「あられちゃん」。あと2,3曲ありましたね。
踊ってきました。ちょっと早い盆踊り大会でした。

小さい頃に踊った「べろべろ音頭」 どんな意味だったのだろう。今も何を表していたのか謎の踊りです。
でも、楽しかった。たもとのながぁ~い浴衣を着て踊った踊った子どものころ。
後でもらったアイスクリームのおいしかったこと。
盆踊りの想い出は懐かしい故郷の思い出。お父さんやお母さんの想い出。
近所のおじさんやおばさんの想い出。
[PR]
by pekopokotan | 2013-08-11 20:58 | Comments(2)

人形劇フェスタ

実を言えば、私には今までの人生で、やり残したことは結構あるのです。
でも、今はそれをやるには遅すぎるということも実感しています。
なぜって、それらはかなりのパワーが必要だからです。
そのひとつが人形劇。
人形劇団にはいってみたかったなぁ~。
c0086176_18435664.jpg
c0086176_18461654.jpg
c0086176_18462663.jpg
人形劇の発表会が近くでひらかれると知って、早速行ってきました。ひとりで見に行ったのは私くらいかなぁ。
みんなちびっこづれ。若いお母さんたちや、孫をつれたおばあちゃん。なんとなく場違いのような雰囲気はあったのですが楽しかったです。
欲をいえば、もうちょっと人形たちが大きかったらよかったなぁ~。
[PR]
by pekopokotan | 2013-08-09 18:54 | Comments(0)

友だちのコンサートと朝顔

コーラスグループ”遊”のコンサートを聴きに、暑い暑い夏の午後伊丹のアイフォニックホールへ行ってきました。学生時代の仲間同士のサークルから始まったそうです。仲良しのMさんのソロのシーンをパチリ!
弦楽器の伴奏でかっこよかったです。人の声って暖かくて柔らかくて感動します。
ちなみに、私は歌はだいの苦手です、ハイ。
c0086176_8444515.jpg

ところで、朝顔ですが、今年はたった一本の苗を買ってきて植えました。ところが初めの三つくらいは花が咲いたのですが、その後はみんな花の部分がなくなってしまったのです。もしかしたら鳥たちか、虫たちが食べちゃったのかな?
こんなもの食べるの?
c0086176_8524525.jpg
c0086176_8525934.jpg
c0086176_8531536.jpg
そして、どんどん上へ上へ伸びて行って、そばの金木犀に乗り移っててっぺんでみごとに花を咲かせたのです。
ほそ~い茎を通って水や栄養分を送って行ってtopで花をつけたのです。
これも感動ものです。
今はおおきくなってっしまった息子が小学校の一年生の夏休み。学校から持って帰った一本の朝顔。そのときは毎日夏の課題で観察記録をつけていました。80~90くらい花が咲いたようにきおくしていますが・・・・。
もう、昔、むかしの思い出になってしまいましたね。
朝顔の夏もまたまたあっという間に終わってしまうのかなぁ~。
しかし暑いですねぇ~。
 
[PR]
by pekopokotan | 2013-08-06 09:08 | Comments(2)